誘導結合プラズマ発光分析装置

島津製作所製ICPS-8100

誘導結合プラズマ発光分析装置

主に溶液試料に含まれる測定対象元素を誘導結合プラズマ(ICP)によって気化励起し、得られる原子の発光スペクトルの波長から元素の同定を、強度から元素濃度を定量します。溶液試料はネブライザーで噴霧し、スプレーチャンバーで粒度分別して、微細なエアロゾルをアルゴンガス流でICPトーチに導入します。ICPは発光分析光源として、一般重金属から希土類元素の分析に適する70以上の元素を同時に効率よく励起でき、高感度、検量線の直線範囲が広い、などの点で優れています。溶液中濃度でppbレベルの高感度測定から、1000ppmオーダーまでの広いダイナミックレンジでの測定が可能です。

各種分析事例

  • 各種産業廃棄物の分析
  • 水質分析(河川水・地下水・工場排水)
  • 環境負荷物質調査
  • 鉄鋼、非鉄金属、貴金属、特殊合金の化学成分分析
  • 貴金属製品の純度分析
  • ガラス原材料、製品の化学成分分析

ページの先頭に戻る