原子吸光分析装置・水素化物発生装置付原子吸光分析装置

アジレント・テクノロジー(バリアン)製SpectrAA55・VGA77



原子吸光分析装置は、金属元素の分析においてよく知られた測定方法であり、環境分析、工業分析、臨床分析など多くの分野で広く採用されています。
測定元素を原子化し、励起-基底状態への原子状態の変化において元素固有の波長を持った光を吸収する原理を利用しています。いくつかの原子化方法があり、測定元素、分析目的に応じて使い分けられます。

水素化物発生原子吸光分析装置では、水溶液中のヒ素,セレン,アンチモンなどを水素化ほう素ナトリウムで揮発性水素化物に還元し、加熱石英セルに導入し原子化させる。水素化物を生成する元素に限られるが、高感度で測定することが可能です。

各種分析事例

  • 各種産業廃棄物の分析
  • 水質分析(河川水・地下水・工場排水)
  • 農地・環境士壌・汚染土壌・残士分析
  • 食品衛生法に基く玩具分析、器具・容器包装試験

こうした調査に適用されます

ページの先頭に戻る