WEEE&RoHS

WEEE&RoHSって?

EU(欧州連合)加盟国における、廃電気電子機器指令(WEEE)と、電気電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限に関する指令(RoHS)

WEEE & RoHS の背景

EU加盟各国における定義

WEEE(Waste Electrical and Electronic Equipment)とは

電気・電子機器廃棄物による資源消費と環境汚染の低減を目的とし、加盟国は電気・電子機器廃棄物を一般の廃棄物と分別して回収システムを確立しなければならない。生産者は、認証を受けたマネジメントシステムによって作業を行う責任を負う。

RoHS(Restriction on Hazardous Substances)とは

電気・電子機器における危険物質の法規定を整備し、生産から処分に至る全ての段階で、環境や人の健康に及ぼす危険を最小化する事を目的としている。使用を制限された6物質は、鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、ポリ臭化ビフェニール(PBB)、ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)である。

ページの先頭に戻る