ISO/IEC17025試験所認定取得 弊社は、国際規格であるISO/IEC17025(試験及び校正を行う試験所の能力に関する一般要求事項)を取得しております。

ISO/IEC17025試験所認定取得

弊社は、国際規格であるISO/IEC17025(試験及び校正を行う試験所の能力に関する一般要求事項)を取得しております。

当方の試験所認定区分としては、

放射能・放射線試験:
食品中のガンマ線スペクトロメトリーを用いた放射能測定

化学試験:
プラスチック中のRoHS規格分析(カドミウム,鉛,水銀,六価クロム)

になります。
第三者試験所認定機関として、お客様のニーズに満足する信頼性のある試験報告書を提供しております。

JAB試験所認定授与(第3回更新審査)

JAB試験所認定授与(第3回更新審査)

ISO/IEC17025

試験所認定とは、その試験所において測定・試験されたデータの信頼性を確保するために、技能能力を証明する手段になります。国内の認定審査機関が、その試験所について一定基準を満たし特定の分野の試験を行う能力を有していることを認定する制度になります。

1つの試験所で得られたデータが、世界中で受入れられるような仕組みのことを一般的にOne-Stop-Testingと呼んでいます。
これはWTO/TBT協定の理念に基づき、非関税障壁(技術的障害)を撤廃し、国際的な整合性を図るとされています。国際間の取引において、重複して行われていた試験を省くことが可能となり、製品のコストを下げることができ、製品が市場に出るまでの時間が短縮することができる など、多くのメリットが挙げられます。

試験所認定を有することは、多国間の貿易に際し、相手国の試験結果を受け入れる事となり、技術的な問題が解消される事になります。

弊社では、試験所認定の審査機関公益財団法人 日本適合性認定協会(JAB)は、国際試験所認定協力機構(ILAC:アイラック)、アジア太平洋試験所認定機関協力機構(APLAC:アプラック)に加盟し、相互承認協定を結んでいる事から、弊社発行の認定報告書は、ILAC、APLAC加盟国でそのまま受け入れられる事となります。

※ WTO・・世界貿易機関,TBT協定・・貿易の技術的障害に関する協定

試験所認定制度試験所認定制度

ISO/IEC17025は、管理上の要求事項(品質システム)と 試験所・校正機関が請け負う試験・校正の種類に応じた技術能力に関する要求事項(技術管理)の2つから構成されています。
試験所が独自で能力を評価するのではなく、国際規格に基づき一定の基準により試験所の能力を認定する国際認定制度であります。

ページの先頭に戻る